クレジットカードのキャッシング機能はひかえめ

クレジットカードのキャッシング機能はひかえめ

多くのクレジットカードでは、キャッシング機能を付けることができます。ただしこれは、ややひかえめで「おまけ」的色彩もある機能です。

利用できるキャッシング枠の「例」を挙げると、ショッピング枠が60万円の場合20~30万円ほど、ショッピング枠が200万円でも50万円などです。※実際の枠はユーザーごとに異なります

審査の上、最大で数百万円以上借りられるカードローンなどとは、全く別のサービスなのです。

クレジットカードはあくまでもショッピングに使うことが主目的。現金を介さずカードで直接買い物することが、この意味での「ショッピング」です。キャッシング機能だけのクレジットカードは作れませんが、ショッピング機能のみのクレジットカードは作れます。

カードローンでは年利「数%」から利用できますが、クレジットカードによるキャッシングでは年利「15-18%」の手数料が発生します。たまに使う分には気にならないとしても、頻繁に利用していると手数料負担が大きくなります。

またショッピング一回払いでは手数料無料となるのがクレジットカードですが、キャッシングでは一回払いでも原則的に手数料が発生します。

ローンを利用しているというイメージが発生しにくいのがメリットで、クレジットカードを持っていても「あの人は借金をしている」というイメージは持たれにくいものです。しかしそれゆえのキャッシングの使いすぎには注意が必要です。

ともあれクレジットカードのキャッシング機能はひかえめなもので、「利用可能枠は小さく手数料は高い」ものです。そもそも付けないことも可能ですし、希望しないほうがカード発行審査は有利かつ迅速になります。スペック上キャッシング機能が付けられないカードもあります。やはりカードの機能の主役ではないのです。

今日では、「クレジットカードと電子マネーだけを持ち歩き、ほとんど現金を持たない」とするユーザーも少なくありませんが、それでは現金払いが必要な一部の店舗・サービスなどで困ってしまいますね。キャッシングはその場合のサポート機能程度に考えておいても良いでしょう。

クレジットカードによるキャッシングについては、あくまで緊急時への備えとして普段は使わないとか、あるいはローン利用の練習には良いです。しかし本格的に頻度高めで使っていくには弱い機能と言えるでしょう。