キャッシングについて

クレジットカードのキャッシング機能はひかえめ

クレジットカードのキャッシング機能はひかえめ

多くのクレジットカードでは、キャッシング機能を付けることができます。ただしこれは、ややひかえめで「おまけ」的色彩もある機能です。

利用できるキャッシング枠の「例」を挙げると、ショッピング枠が60万円の場合20~30万円ほど、ショッピング枠が200万円でも50万円などです。※実際の枠はユーザーごとに異なります

審査の上、最大で数百万円以上借りられるカードローンなどとは、全く別のサービスなのです。

クレジットカードはあくまでもショッピングに使うことが主目的。現金を介さずカードで直接買い物することが、この意味での「ショッピング」です。キャッシング機能だけのクレジットカードは作れませんが、ショッピング機能のみのクレジットカードは作れます。

カードローンでは年利「数%」から利用できますが、クレジットカードによるキャッシングでは年利「15-18%」の手数料が発生します。たまに使う分には気にならないとしても、頻繁に利用していると手数料負担が大きくなります。

またショッピング一回払いでは手数料無料となるのがクレジットカードですが、キャッシングでは一回払いでも原則的に手数料が発生します。

ローンを利用しているというイメージが発生しにくいのがメリットで、クレジットカードを持っていても「あの人は借金をしている」というイメージは持たれにくいものです。しかしそれゆえのキャッシングの使いすぎには注意が必要です。

ともあれクレジットカードのキャッシング機能はひかえめなもので、「利用可能枠は小さく手数料は高い」ものです。そもそも付けないことも可能ですし、希望しないほうがカード発行審査は有利かつ迅速になります。スペック上キャッシング機能が付けられないカードもあります。やはりカードの機能の主役ではないのです。

今日では、「クレジットカードと電子マネーだけを持ち歩き、ほとんど現金を持たない」とするユーザーも少なくありませんが、それでは現金払いが必要な一部の店舗・サービスなどで困ってしまいますね。キャッシングはその場合のサポート機能程度に考えておいても良いでしょう。

クレジットカードによるキャッシングについては、あくまで緊急時への備えとして普段は使わないとか、あるいはローン利用の練習には良いです。しかし本格的に頻度高めで使っていくには弱い機能と言えるでしょう。

キャッシングにおける不安や心配事

キャッシングにおける不安や心配事

今月どうしてもお金が足りないなんて状態に陥った事はあるかと思います。

でもお金を借りるとなると 家族に心配を掛けたくないしじゃあ友人にとなると嫌な印象を与えたくない。

最近は色々なキャッシングがテレビCMでも放送されているように身近に感じる印象はありますが 初めての人は不安な事が多いと思います。
怖い人が来たらどうしようとか家族にバレたらとか 会社に知られたら など 考え出したらキリがなく不安でしょう。
もちろんキャッシングを利用しないで済むならいいのですが支払いが間に合わない時など キャッシングを利用するのも手段だと思います。

正社員で1つの会社で3年以上働き続けていればだいたいは問題無く利用できます。
もちろん年齢、勤務歴、年収などの審査はあります。そこが気になる部分かと思います。

ですが家族に連絡をする事はありません。

会社には、在籍確認で連絡をしますが 金融会社名を言って連絡はしませんし 例えば時間指定して自分が会社に居る時間に内線を回してもらえればそれで確認完了ですし自分が会社に居ない場合も席を外して居ますとか今日は休みですとか在籍している事さえ確認できれば大丈夫なので心配はないです。
よほど電話を受けた人が 経験者でこれは・・・?と気付かなければ問題ありません。
なのであまり気にし過ぎず計画的に利用するのもいいと思います。

消費者金融のキャッシングについて

消費者金融のキャッシングについて

消費者金融のキャッシングが一番手っ取り早く現金を手に入れる方法です。
ほぼ即日契約、即日キャッシングができます。

メリットとして、あげられるのは
すぐに現金化できることです。

デメリットは利息が高くつくこと。
しかし、30日以内なら、利息は手数料だけで済む消費者金融もあります。
自身がお金の管理が出来る方なら、こんな利便性のいいものはないのです。
消費者金融のことを悪いイメージを持つ方が多いですが、実際はどうでしょうか。
現在では、利息についてだいぶ整備されました。
昔は日割りで29パーセント前後。
今では18パーセント前後。
契約書にも昔から記されているのです。
もちろん、小さくわかりづらいですが。
そもそも消費者金融に頼ってまで、資金が底を尽くしたことに問題があります。
その苦しい生活の中で頼りになるのが消費者金融の存在です。
例えば、大切な友人の結婚式にお金がなく、参加できなかったとします。
それはとても悲しいことです。
お金の価値は、一概にわかりません。
たった3万円ともとれますし、3万円もするとも考えられます。
ですが、思い出はお金では買えません。
あなたを救ってくれるのも、苦しめられるのも、全てはあなた自身の心の在り方だと思います。
どうか、後悔のない選択をして頂けたらと、切に願います。

無計画なキャッシングは恐ろしい

無計画なキャッシングは恐ろしい

不景気で貰える賃金も安く物価が高い時代の魔法の道具キャッシュカード。
ですが、あくまでもそれなりにお金を持っていて余裕がある人、それなりに一定の稼ぎがある人にとってのお金を下ろしに行く手間を省くとか、ちょっとお金が足りないからある程度の前借り的に魔法の道具なだけなんです。
買い物にしてもお金を借りるにしてもです。
ソレを履き違えてしまうと大変ですよ!魔法の道具と言っても今、現金を使う代わりにクレジット会社に立て替え払いしてもらう行為なのですから。
買い物なら定価のある物を買うので、ブランド品を買うなどの使い方をしなければまだマシですが、キャッシングは借入限度額が50万円とか100万円とか漠然と決まっているだけなので、シッカリと返済の計画(先の計算)が立てられない人、自制心を持てない人はキャッシングはすべきではありませんね。
借りた分は利子を付けて返さねばならない現実が待っていますから。

借りるにしても『今幾らあれば楽になる』ではなく、一括払いで借りるのか、使った金額に対して利子が付く分割払いで借りるのか、返済は一定額だが残額に対して利子が付き返済が長びくリボルビング払いで借りるのか、それぞれの特質を勉強して上手く付き合う必要があると思います。

キャッシングとローンの違いについて

キャッシングとローンの違いについて

皆さんはキャッシングと聞くと何を思い浮かべますか?
キャッシュカードを使い自分の口座からお金を引き出す行為が一般的な認識としては多いと思うのですが、
クレジットカードを利用して消費者金融からお金を借りる行為も同様にキャッシングといいます。
キャッシングで消費者金融から借りたお金は原則、翌月一括払いです。分割で支払うことはできません。
借りたお金がどれだけ大きくても一括で返済しなくてはならないため、どちらかというと少額の融資に適したお金の借り方といえるでしょう。

カードローンも仕組みとしてはキャッシングとほとんど変わりません。
キャッシュカードやクレジットカード、ローンカードを利用してお金を借りる事ができます。
一番の違いは返済方法です。前述したキャッシングが翌月一括払いなのに対し、カードローンは分割払いとなっています。
カードローンなメリットは巨額の融資を受けても分割で返済することが出来るため、月々の負担を最小限に抑える事ができます。
反面、デメリットとしてどうしても返済計画が長期化してしまうため付随する利息分の支払いがキャッシングより多くなってしまいます。

なのですぐに返済できる額ならキャッシング、大きな買い物をする際にはカードローンを使うのが賢い選択だと思いますよ。

いざという時に便利なキャッシング

いざという時に便利なキャッシング

給料日前なのにまとまったお金が必要になった、という時にキャッシングはとても便利です。お金を借りるのだから借金をする、借金をすると変な取り立てが来るのでは、というイメージもありそうなキャッシングですがそんな事はありません。

キャッシングは確かに借り入れるという言葉ではお金を借りる事になりますが、そこまで悪いイメージを持つ程ではありません。
いざという時に使う事のできる資金、と考えていいでしょう。もちろん返金はしなくてはなりませんが返金もリボか一括払いかで選べますので、自分に負担のないように返金を進めていく事ができます。いつまでもお金を借りてる気分で気持ちが悪いと思われる方はまとまったお金が入ったら一括払いですぐ返金をしてもいいでしょう。

返す際はいくらか利子がつくもの、中にはキャンペーンなどがあって一カ月以内に返金なら利子がつかないものもあります。
利率はキャッシングをする銀行や借り入れた金額によっても違いますが、10万円を借りたら大体15%前後の銀行が多いです。もっと大きな金額を借りた場合は10%を切るプランもありますので、借りる銀行のサイトをチェックしてプランを確認するといいでしょう。
キャッシングはきちんと返金をする事ができれば、いつでもまた使う事ができます。あまり悪いイメージを持たずにいざという時に役立つものとして備えておくと、とても便利な機能と言えます。